比較

「アスタリフトホワイト」と「HAKU」共通点と違いを比較!美白におすすめはどっち?

アスタリフトホワイトとHAKU比較

 

美白化粧品として人気の資生堂『HAKU』シリーズ。

そして、美白&エイジングで人気の富士フイルム『アスタリフトホワイト』シリーズは、両方とても人気でそして両方ある意味老舗同士。

 

資生堂はもちろん化粧品会社として、富士フイルムはフイルム会社としての歴史があります。

双方の積み重ねた技術により生まれたシリーズだけあって、どちらか選ぶのは大変ですよね…。

 

そこで今回は、特徴・口コミ・価格・注目成分の4項目からこの2つを比較していきます。

ぜひ最後までご覧くださいね♪

 

特徴

 

両シリーズとも、シミをもとから作らせないというアプローチは共通しているところ。

 

「HAKU」は、あらゆる方向からシミを狙い撃ち。

メラニン生成を抑制・溜まったメラニンを排出する効果のある「4MSK」が、さらにメラニンの生成を抑える「m-トラネキサム酸」を結合して肌の奥に深く届きます。

 

「アスタリフトホワイト」は、シミの原因となるメラニンを蓄積する骨組みのたんぱく質の生成を阻害するというアプローチ。

ナノ化された成分がしっかりと浸透*し、「シミの骨」を作らせません

 

口コミ

HAKUとアスタリフトの口コミ

 

以上のような特徴のある両シリーズ。

次はそんな「HAKU」と「アスタリフトホワイト」を実際に使用した人の口コミをSNS上から集めてみました。

 

HAKUの口コミ

 

まずは資生堂HAKUの口コミから。

 

 

View this post on Instagram

昨日HAKU買いに行ったら めっちゃ得した気分〜💗 今だけ、美容液レフィルを買うと美容液10gmと新商品のファンデサンプル6回分の特典付きだった👏 美容液ファンデ気になってたからお試し嬉しい〜🤣 しかも今月中なら‼️ 美容液2本毎に20gmのプレゼント付き👏 私は今回4本買ったので今のキャンペーンと合わせて美容液、約2本分✌️ (2万円相当)が貰えちゃう〜🤩かなりお🉐でしょ😙 是非気になる方はこの機会に💁🏻‍♀️💕まとめ買い🛍🎶 HAKUの美容液は14年連続売上NO1✨ 使い続けると、本当に肌のトーン上がったよ〜🙋🏻‍♀️美白効果が感じられる優秀コスメです😘 #HAKU #SHISEIDO #資生堂haku #王道美白ケア #優秀コスメ #美容液 #メラノフォーカスv #人気商品 #シミ予防 #美白化粧水 #美白乳液 #美白美容液 #美白ケア #キャンペーン #キャンペーン情報 #今だけ #最後の一点 #もれなく #この言葉に弱い #お得だいすき

A post shared by KIYO★ (@k_otito) on

 

 

 

街のドラッグストアなどでも販売されているため、キャンペーンやらコストコやらでガッツでお安く手に入れる人も多いみたい。

何とかお得に手に入れてでも、使い続けたい優秀コスメなのですね!

 

アスタリフトホワイトの口コミ

 

次にアスタリフトホワイトの口コミを見てみましょう!

 

 

 

 

 

少々高級なイメージがあるアスタリフトシリーズですが、意外とそうでもないのかも?

さっぱり使えて効果も高いので、夏など日焼けが気になるときには使いたいもののようです。

 

価格

 

次に気になる価格を見ていきましょう。

番号順に、①化粧水②美容液③乳液・クリームとなっています。

 

HAKU

商品名 内容量 通常価格(税込)
①アクティブメラノリリーサー/ジェル状化粧水 120ml/100g 4,950円(両方同じ)
②メラノフォーカスV 45g 11,000円
③インナーメラノディフェンサー 120ml 5,500円

 

アスタリフトホワイト

商品名 内容量 通常価格(税込)
①ブライトローション 130ml 4,180円
②エッセンスインフィルト 30ml 7,700円
③クリーム 30g 5,500円

 

こうみると、HAKUの看板商品といっても良い「メラノフォーカスV」の値段が少し高く感じるかもしれません。

ただこれは、2.5か月ほど使えるもの。

アスタリフトの美容液は1か月分ですから、コスパ的にはむしろHAKUの方がお安くなります。

 

注目成分

 

それでは最後に、注目成分を簡単にまとめていきます。

 

「HAKU」の注目成分

https://www.shiseido.co.jp/haku/

 

「HAKU」の注目成分は、やはり「4MSK」と「m-トラネキサム酸」です。

 

「4MSK」は素早く浸透*。

酵素活性を抑えてメラニン生成を抑制するだけはなく、シミ部位で生じている慢性的な角化プロセスの乱れに作用して、溜まったメラニンを排出する効果も持っています。

厚生労働省認可の資生堂が開発した医薬部外品有効成分となっています。

 

また、「m-トラネキサム酸」は、じっくりと浸透*する成分。

メラニンを生成する細胞メラノサイトの活性化を抑制してくれるため、こちらもメラニン生成の抑制効果があります。

 

「4MSK」と「m-トラネキサム酸」を独自処方した成分:抗メラノ機能体

↓↓↓

メラニン生成の抑制

 

さらに、「3Dターゲティング処方」により、メラニンの生成ルートをあらゆる方向から狙い撃ちして防ぐことが可能に。

最新の3D解析でシミ部分のメラニン分布を解析、そのデータから開発した処方です。

 

「アスタリフトホワイト」の注目成分

https://shop-healthcare.fujifilm.jp/astalift/products/astaliftwhite/

 

注目成分は、特に「ナノAMA」と「ナノAMA+」。

「ナノAMA」・・・ハーブ植物の一種に含まれる優れた美容成分をナノ化した、富士フイルム独自開発のうるおい成分。

「ナノAMA+」・・・米ぬか由来のポリフェノールである「フェルラ酸」に、「ナノAMA」を組み合わせた独自の美容成分で、肌のくすみに対応。

さらに、赤のアスタリフトで知られている「ナノアスタキサンチン」も化粧水や美容液に配合されています。

 

さらに「シミの骨」の生成を阻害。

「シミの骨」となるメラソームの生成に必要な酵素「BASE2」の働きを抑制します。

「BASE2」あり

↓↓↓

「BASE2」の働き阻害

 

コスパも重視なら「HAKU」

 

今回は「アスタリフトホワイト」と「HAKU」の比較を見てきました。

双方、シミ予防を目的に使われるスキンケアシリーズとなっていましたね!

 

ではどのように選んだらよいのか!?

 

例えば価格を見てみると、「HAKU」の美容液だけ、比較的お高めのようにも見えますね。

しかし2.5か月分の使用量がこの1本となります。

つまりコスパ的には1か月で7,700円かかる「アスタリフトホワイト」より、「HAKU」の一日分の価格がよりお安くなってきます。

これは、ライン遣いしたい人にとってもうれしいポイントですよね!

 

以上を踏まえると、コスパで選ぶなら「HAKU」ということになりそう。

さらに、アスタリフトホワイトはダマスクローズの香り付き、HAKUは無香料、という点も選ぶ際の基準にしてみてくださいね!

 

 

-比較

Copyright© アスタリフトの贈り物 , 2020 All Rights Reserved.